Webマーケティング

Web marketing

アクセス解析レポート

貴社のホームページのアクセスを解析して、一般社団法人 ウェブ解析士協会 認定の
ウエブ解析士によるGoogleAnalytics解析レポートを作成し、改善点の提案をいたします。

現状把握

まず、貴社のホームページがどのように見られているかを測定し、現状を把握します。

例えば

  • 現在、何人が、どれくらい見に来ているのか? (訪問数・ユーザー数・ページビュー数)
  • どんな検索キーワードで見に来ている人が多のか? (キーワード検索)
  • どこのサイトから来たのか?? (訪問者の流入 参照元)
  • 最初に どのページを見る人が多いのか? (閲覧開始ページ)
  • どこの地域の人に見られているのか? (ユーザーの分布)
  • 初めて見に来た人・何回も見に来る人の割合は? (新規とリピーター・リピートの回数や間隔)
  • 見に来る人は、パソコン・スマホ のどれで見る割合が多いのか?

などを最初に把握します。

ただし、把握する項目は、そのページの目的によっても変わります。

 

アクセス数の増加なのか、

注文件数の増加なのか、

閲覧ページの増加なのか、

サイト滞在時間の増加なのか・・・

貴社のホームページの目的から、最適な項目を抽出して把握します。

課題の抽出

次に利用者の行動分析からサイト運営に必要な課題を洗い出します。

  • 1ページだけ見て、別のサイトに移動してしまった人の割合は? (直帰率)
  • 見に来た人が最後に見て去る割合が多いページはどこか? (離脱率)
  • サイトの目標に対しての貢献度が高いページはどれか? (貢献度)
  • サイトを訪れた人は本当にこちらが想定した経路をたどっているか? (遷移)
  • サイトを訪れた人は、本当は何を知りたいのか? (サイト内検索)
  • サイトを訪れた人が、サイトの目標達成に至るまでに遷移する間で弊害になる箇所はどこか? その箇所の何が問題か?

などを解析し、サイト改善に活用できるデータを抽出し、課題や改善点などを考察しながら貴社サイトに最適な改善策(仮説)をご提案します。

改善策の実施と検証

アクセス解析の目的は「改善のヒントを数値ベースで得られる」ということです。

これらの数値をもとに

  • アクセスの"量"と"質"を増やす
  • ホームページの成約率を高める

この2つを改善していくために、アクセス解析のデータ収集や結果報告だけに終わらず、改善策を解析データからご提案するとともに、

ご提案した改善策(仮説)を、検証することによって、お客様と一緒に次のステップへと進化するサイトを育成していきます。

採用情報
CONTACT
詳しくはお電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
Copyright © 2017HIGH-FIVE, All rights reserved.